お問い合わせ

相続税について

スタッフブログ



相続税がかかること

相続税がかかること税申告・相続手続きアストル税理士法人がお手伝いします今からできる!相続税対策相続税計算

相続税とは

相続とは

人が亡くなると、その人が所有していた財産は、ふつう配偶者や子どもなどが相続します。相続税は、この財産の移転にともなって課税される税金です。なぜ、自分の財産を家族に残すのに税金が必要なのか?と疑問に感じる人も多いことでしょう。相続税の目的のひとつに「富の再分配」があるといわれています。
たまたま親が資産家で労せず多額の遺産をもらえる人と、そうでない人がいるのは不平等である、
多額の遺産をもらった人からは税金を徴収して社会に還元しよう、ということのようです。

相続税がかかるのだろうか?

相続税基礎控除額

相続税を納めるのは、相続や遺贈(死因贈与を含む)によって遺産をもらった人です。ただし、相続税には大きな基礎控除があります。遺産の総額がこの控除額を上回った分だけ課税されます。
平成27年1月1日より相続税及び租税特別措置法の一部が改正され、基礎控除が大幅に引き下げられ金持ちだけの相続税ではなく一般の家庭でも課せられるケースが増えてきました。

基礎控除額算定式(2015年1月1日より)

  3000万円+600万円×法定相続人の数

遺産の総額が基礎控除額以下であれば、相続税は一切かかりませんので申告する必要もありません。

ただし、遺産の総額が基礎控除額より上回っていれば相続税が発生します。

こちらのページで相続税簡易計算ができます。

相続税の申告期限

相続税の申告には期限があり、被相続人の死亡を知った翌日から10カ月以内に行うと決められています。したがって、それまでにすべての書類を準備しなければなりません。申告期限までに提出をしなかった場合や申告期限を過ぎて申告書を提出した場合には、加算税や延滞税がかかり相続税の負担が重くなります。また、相続税納付期限も原則として同じです。

相続税申告以外の手続き

相続税を納めなくて良いからと安心できません。
亡くなった方から受け継いだ財産の名義変更、遺産分割などの手続きが必要です。
そのほか、相続人それぞれに分割するために遺産(特に建物、土地など)を評価する必要があります。

お問い合わせ

ご用件に近いものをお選び下さい。(複数可)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

タイトル

メッセージ


Copyright© 2008-2017 アストル税理士法人 All Rights Reserved.
〒820-0077 福岡県飯塚市椋本509-5
電話:0120-742-733 ( 0948-22-7427 )  /  FAX:0948-22-7432