林田グループ一覧

アストル税理士法人事業者向けサービス

アストル税理士法人個人向けサービス

林田俊一行政書士事務所

林田眞貴子社会保険労務士事務所

事務所紹介ムービーとスタッフ募集

林田グループからのお知らせ

スタッフブログ

経団連労使フォーラムに出席して

2007年1月12日

19.1.12日本経団連労使フォーラム
Hop  : 経団連労使フォーラム
      第2日目
      9:30〜10:30 「世界の潮流と日本の進路を考える」寺島 実郎
      10:45〜12:45 パネルディスカッション
              「多様な働き方をめぐって」
              パネリスト 
               山崎啓二郎 キャノン取締役人事本部長
               大矢和子  資生堂執行役員企業文化部長
               福島伸一  松下電器産業常務取締役
              コーディネーター
               藤村博之  法政大学大学院教授
Step  : 今日のフォーラムは9:30〜16:00まであったが式次第を見て
      午前中の寺島実郎氏の特別講演とパネルディスカッションだけ
      を聴講して、昼食後退出した。
      寺島氏の講演は過去のデータを分析しながら、今後の日本の
      行方をイメージできる内容であった。
      パネルディスカッションは法大大学院教授の藤村博之氏のコー
      ディネートによる意見の交換であった。
      いずれの企業も過去約10年リストラに次ぐリストラを重ね、
      キャノンは御手洗会長のリーダーシップによって大きく成長
      した。
      資生堂においては女性社員を中心として破壊と創造に着手し、
      その成果を上げつつある。
      松下電器においては歴史が古い分、変化への対応に時間がか
      かった。変化への対応のポイントは経営理念においてようやく
      エンジンがかかりだした。
Jump  : 二日間の労使フォーラムを見て、大企業はその世帯が大きい分
      変化への対応に時間と労力がかかりすぎだ。
      ようやくリストラも終わって回復基調となってきた。
      良くなってきた企業は変革が終わったところである。
      又、今後さらに企業が良くなるためには、多様化した労働環境
      の中で、正規従業員の質を向上させるとともに、ミドルの管理と
      能力を「超」がつくほどアップすること。
      鍛え上げることで、成長の大きな要因となることだと思った。          

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 2008-2018 アストル税理士法人 All Rights Reserved.
〒820-0077 福岡県飯塚市椋本509-5
電話:0120-742-733 ( 0948-22-7427 )  /  FAX:0948-22-7432