林田グループ一覧

アストル税理士法人事業者向けサービス

アストル税理士法人個人向けサービス

林田俊一行政書士事務所

林田眞貴子社会保険労務士事務所

スタッフ募集

事務所紹介ムービー

bizup

林田グループからのお知らせ

スタッフブログ

今週の主な動き

2008年4月20日

13日(日)
11:00 3組花見総会
15:21 久保白ダム一周 嘉穂の湯マッサージ
夕方 家族で食事(ロイヤル)
14日(月)
10:00 公証人役場
午後 読書
夕方 石蔵酒造にて中西圭三他2人 コンサート
15日(火)
6:30〜7:00 椋本『やる気』塾
8:07〜13:00 JR内野にて川ひらたゴルフコンペ
19:00 会食
17日(木)
10:00 決算打合せ
16:00 和田研究所 河合氏と打合せ
18:30〜20:30 経営研究会
18日(金)
11:00 穂波L 準備
13:00〜14:00 3ZPR委員会会議
16:00〜17:00 地区連共済会 懇親会
19日(土)
10:00 決算打合せ
11:00 事務所出発 香椎 アパマン 新日本不動産
17:00 帰
健) ウォーキング 久保白ダム 132⇒141周
精) 飯塚倫理法人会MS 副方面長 丸本敏文氏の講話受講
社) 18日 穂波L会館にて3ZPR委員長会議
経) エフアンドエム 清水氏との話し合い 終了後懇親会
趣) 今週から ダニエル・ピンク著『ハイ・コンセプト』
家) 13日(日) ロイヤルHにて夕食
エフアンドエム 清水 篤氏と話し合ったこと
 今の日本は理想とする政治経済体制と個別企業とのベクトルが合っていない。
・日本は名ばかりの自由資本主義体制で、その実、社会主義体制である。
・各企業が、資本主義精神を発揮しようとしても自由な活動ができていない。
・企業もある程度安定してくると官僚化してくる。
・官僚化を防ぐため常に新しいことにチャレンジし続けなければならない。
・日本は明治と第二次大戦後二度だけ資本主義精神発揮の場があった。
・明治維新の下級武士が新しい日本を創ったが、官僚制においてその武士がお役人となって、足かせとなった。
・十年前、情報社会に突入し、資本主義精神発揮のチャンスであったが、長らくはびこった家産官僚制のため、日本は情報戦争に負けて外国の後じんを走っている。
・企業経営者は、人・物・金・情報・ノウハウを有効に活用し、それらの資本(経営資源)を成長させなければならない。
 そのためには、
①企業内の仕事、職務を神聖化し、仕事に対する精神性の向上、倫理観道徳観念を向上させなければならない。
②企業内のトップからロワーその他、利害関係者が利子利潤に対して正しいとする観念を持たなければならない。
③経営管理面においては常に目的合理的精神が追求され、特に複式簿記の原理が適用されその原理の中で管理規定されなければならない。
 上記三つの資本主義精神が守られた上で、常に一年・一月・一日、ことあるごとに市場を見ながら新しいことにチャレンジする心を持たなければならない。
 そのためには、政治や役人、官僚が打ち出した政策をまともに受け取ってはならない。
 個別企業にとって、適用可能か否か十分検討し、その時代と合った、また、その企業とあったやり方で対応をしなければならない。
 世の流れはまんべんなく向かってくるのではない、と心得ておくべきである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 2008-2018 アストル税理士法人 All Rights Reserved.
〒820-0077 福岡県飯塚市椋本509-5
電話:0120-742-733 ( 0948-22-7427 )  /  FAX:0948-22-7432