林田グループ一覧

アストル税理士法人事業者向けサービス

アストル税理士法人個人向けサービス

林田俊一行政書士事務所

林田眞貴子社会保険労務士事務所

スタッフ募集

事務所紹介ムービー

bizup

林田グループからのお知らせ

スタッフブログ

こっちの水は、甘いのか・・・

2008年6月10日

今や社会問題とも言えそうな、水着問題。
皆さんもご存知のとおり、スピード社のLRと呼ばれる水着ですが、
あの水着を「着るだけ」で速くなるものなのでしょうか?
どうも、マスコミ各社の報道は、「LRを着て出した記録」に
拘りすぎている気がするのは私だけでしょうか?
確かに、ジャパン・オープン最終日の北島選手の記録は「素晴らしい」
の一言に尽きますが、果たして「LRを着ていた」から出せた記録なのか、
些か腑に落ちません。
しかも、調整不足の状態での記録となれば、本番の北京五輪の場面では
どれほどの記録が出るのでしょうか?
「LRを着ていた」から出せた記録であるなら、更に伸びることは当然?
水連の会長だったかの「ふんどし」発言には、別の意味で幻滅しましたが、
「水着だけ」で世界記録が塗り替えられるほど、甘い世界なのでしょうか?
確かに、世の中の技術の進歩は目覚しいものがあることも事実ですが、
それだけで、記録更新できる甘い世界では無いと思います。
しかも、北島選手が着ていたのは「フルレッグ」の水着。
下半身を覆っただけで記録が出せるのなら、スーツタイプを着たら
どうなるんでしょうね?
1秒どころか、3秒くらい縮む?
そんなことは、まずありえない話ではないのでしょうか?
いくら調整不足とは言え、あれだけの記録を出した北島選手の
「天才的な技能」と「鍛錬によって身につけたスピード」この辺りが
もっと評価されても良いのではないでしょうか?
きっと、北京五輪では違約金を払ってでもLRを取り入れる選手が
多くなるんでしょうけど、「着ても早くならなかった」選手がいることも事実。
さて、結果が楽しみな大会になりそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 2008-2018 アストル税理士法人 All Rights Reserved.
〒820-0077 福岡県飯塚市椋本509-5
電話:0120-742-733 ( 0948-22-7427 )  /  FAX:0948-22-7432