林田グループ一覧

アストル税理士法人事業者向けサービス

アストル税理士法人個人向けサービス

林田俊一行政書士事務所

林田眞貴子社会保険労務士事務所

スタッフ募集

事務所紹介ムービー

bizup

林田グループからのお知らせ

スタッフブログ

「宝物」持ってますか?

2008年6月17日

最近、物騒な話題が多い中、件の「秋葉原無差別殺傷事件」ですが・・・
とあるニュース記事によると、
「親は嫌いとか憎しみを超えており、他人だ」
「社会が悪い」
などと供述しているらしい。
親や職場への不平・不満を並べ、「社会が悪い」などと周囲に責任転嫁
するなど身勝手な言動を繰り返しているようですが、
子供の頃どのような育ち方をしたのか・・・
同じ記事によると、
容疑者の両親は教育熱心として近所では有名で、
特に母親は「そこまでしなくても・・・」というくらいの極端な教育ママ。
周囲の干渉を好まず、幼い頃から2人の息子を自分の支配下に置いていた。
らしい。
我家にも、小4になる息子が居ます。
確かに「宿題やったか?」とは言いますが、「机にかじり付いて勉強しろ」
とは言わないですね。
やはり、子供の頃の好奇心や友人達との思い出は、大人になってからの
ある意味「宝物」ではないかと思います。
必要最低限の知識や常識を身に着けさせることは、確かに親の役目でしょうが、
親が子供に対して過敏になってはいけないと思います。
子供は子供なりに考えていることが多い。
確かに「足らずに」失敗してしまうことも多いでしょう。
でも、その失敗が無かったら、痛みや悲しみのわかる大人にはなれないのかも?
メディアで報じられることが、全ての真実だとは思いませんが、
子を持つ親としては、他人の痛みや悲しみを理解できる人間に育って欲しい。
そして、自分の殻に閉じ籠ることなく大きく羽ばたいて欲しい。
と、改めて考えさせられる事件です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 2008-2018 アストル税理士法人 All Rights Reserved.
〒820-0077 福岡県飯塚市椋本509-5
電話:0120-742-733 ( 0948-22-7427 )  /  FAX:0948-22-7432