お問い合わせ

林田事務所一覧

プロモーションビデオ

個人さま向けサービス案内

事業者さま向けサービス案内

行政書士部門の案内

社労士部門の案内

林田グループからのお知らせ

スタッフブログ

2017年(平成29年)の確定申告について

確定申告期間

2017年(平成29年)の確定申告時期

平成29年の確定申告期間は、2月16日(木)~3月15日(水)です。
この期間内に、2016年の1月1日から12月31日までの1年間に生じた所得について税務署へ確定申告を行う
ことになっています。税務署の開庁時間は、月曜日から金曜日までの8:30〜17:00です。
但し、確定申告期間内に限り、閉庁日対応を行う税務署もあります。(主に都市部)

2017年(平成29年)の申告期間・納付期限

申告期間 

納付期限

確定申告書類の提出方法


提出方法は大きく分けて5つの方法があります

  1. 管轄の税務署へ行って確定申告書類を提出する。
  2. 管轄の税務署へ郵便で確定申告書類を送る。
  3. e-Tax(イータックス)を使用してインターネットで確定申告を行う。
  4. 複雑な事案などないものは市役所でも確定申告書類を受付けています。
  5. 税理士に依頼し代行してもらう。

確定申告書類の作成

確定申告は自己申告が原則です。しかし、申告書作成で事案によっては専門的な知識が
必要になる個所もありますので、税理士に相談したり依頼した方が良い場合があります。

  1. 個人で申告書類を作成した方が良い場合
  2.   ① 給与・年金源泉徴収票、保険料控除証明書、医療領収書等の書類がそろっている

      ② 収支資料の作成が比較的簡単(貸家等の不動産収入)である
      ③ 個人事業主でない
     ※税務署で署員に相談をしながら作成することも可能です。

  3. 税理士に相談又は依頼した方が良い場合
  4.   ① 収支資料を作成しなければならない場合(アパート等の不動産収入等)
      ② 個人事業をしている場合(消費税申告含む)
      ③ 平成28年中に不動産等の譲渡所得がある場合
      ④ 複雑な事案がある場合等

白色申告と青色申告について(個人事業主)

白色申告

  1. 簡単な帳簿づけをする(単式簿記)
  2. 領収書・請求書・銀行振込の控えなどを保管しておく
  3. 特別控除はなし

青色申告のメリット

  1. 青色申告特別控除(10万円 or 65万円)
  2.  ■ 10万円控除の場合
     ① 簡易な簿記(単式簿記)による記帳をする
     ② 損益計算書を作成する。貸借対照表はいらない
     ■ 65万円控除の場合
     ① 正規の簿記(複式簿記)による記帳を行い帳簿を作成する
     ② 損益計算書と貸借対照表を作成する

  3. 赤字が繰り越せる(3年間)
  4. 親族への給与が経費にできる(専従者給与)
  5. 30万円未満の償却資産を一括でその年度の経費にできる(合計300万円まで)

以上のように白色申告と青色申告との差は歴然ですね。面倒でも青色申告で行えば
大きなメリットがあります。但し、青色申告するにはまず、最寄りの税務署へ
「所得税の青色申告承認申請書」を提出しておく必要があります。

そろそろ確定申告の時期が近づいています。
申告期日の3月15日に慌てないためにも、早めの準備をしておきましょう。
当事務所ではワンコイン(500円)で確定申告相談を行っています。ご利用ください。

ワンコインサービス

Copyright© 2008-2017 アストル税理士法人 All Rights Reserved.
〒820-0077 福岡県飯塚市椋本509-5
電話:0120-742-733 ( 0948-22-7427 )  /  FAX:0948-22-7432